FC2ブログ

ポラキスジェネリック(オキシブチニン)


ポラキスジェネリック(オキシブチニン)


ポラキスジェネリック(オキシブチニン)


ポラキスジェネリックは、尿失禁・尿意切迫感・頻尿の治療薬です。

服用することで膀胱の収縮を抑えることで様々な尿トラブルを改善してくれます。

膀胱の収縮が抑制されることで膀胱の容量が大きくなり、大量の尿を溜められるようになります。

そのような作用から、頻尿や尿意切迫感(急に訪れる強い尿意)、尿失禁を治療することができます。

ポラキスジェネリックは、インドに拠点を持つCipla(シプラ)社によって製造・販売されています。

シプラ社はインドのムンバイに本社を構える製薬会社で、1935年に設立された歴史のある企業です。

シプラ社は日本ではあまり知られていませんが、インド国内ではジェネリック医薬品シェアの多くを占めています。

インドのジェネリックに関する制度は独特のため、高品質な医薬品のジェネリックを安価に製造することができています。

ポラキスジェネリックもそんな高品質なジェネリックの1つで、安価でありながら日本で先発品として扱われているポラキス錠に勝るとも劣らない非常に優れた効果を得ることができます。

ポラキスジェネリック(オキシブチニン)

ベットミガ50mg(ベタニス)


ベットミガ50mg(ベタニス)


ベットミガ50mg(ベタニス)


ベットミガ50mgは、過活動膀胱治療薬です。

ベットミガ50mgは、アステラス製薬株式会社において創製されました。

アステラス製薬は日本の製薬企業であり、2005年に山之内製薬と藤沢薬品工業が合併し発足しました。

日本最大規模の営業体制と、優れた研究陣を擁し、2012年医薬品売上高順位で世界18位に輝いています。

日本でもトップクラスの製薬メーカーとして国内大手製薬メーカー5社の1つに数えられており、優れたお薬を数多く製造・販売しています。

ベットミガ50mgもそんなアステラス製薬が製造している優れたお薬の1つで、服用することで強力な治療効果を得ることができます。

ベットミガ50mgは、選択的β3アドレナリン受容体作動薬といわれるお薬です。

服用することで過活動膀胱を治療することができます。

過活動膀胱は、日頃から尿意切迫感があり、頻尿や夜間頻尿をともなうことが多い症状症候群です。

突然に強い尿意を生じ、我慢できないほどでつらいです。

人によっては、その直後に尿漏れを起こしてしまうこともあります。

非臨床試験において、膀胱弛緩作用により蓄尿機能を亢進させる一方、排尿機能に影響を及ぼしにくいということで2011年に日本で初めて、かつ世界で初めて販売が開始されました。

ベットミガ50mgは、そのような過活動膀胱に有効です。

膀胱をゆるめ、その容量を大きくし、たくさん尿がためられるようにします。

尿意切迫感をはじめ、尿の回数が異常に多い頻尿、夜間頻尿、急な尿意のあとの尿漏れなどの治療に用います。

ベットミガ50mgは英国での販売名であり、日本ではベタニス錠50mgという販売名で承認・処方されています。

ベットミガ50mg(ベタニス)

フェノパス(ソリフェナシン)5mg


フェノパス(ソリフェナシン)5mg


フェノパス(ソリフェナシン)5mg


フェノパス5mgは、過活動膀胱(Overactive bladder;OAB)治療薬です。

1日1錠服用することで膀胱の過剰な収縮をブロックすることができるので、尿の切れが悪い、頻繁にトイレに行きたくなるなどの諸症状を改善してくれます。

フェノパス5mgは、インドの有名な製薬会社であるSAVA (サバ)社によって製造・販売されています。

SAVA (サバ)社は2003年に設立された比較的新しい企業ですが、数多くの高品質な医薬品を製造・販売しています。

フェノパス5mgも、安価でありながら優れた治療効果を得ることができるので人気のお薬となっています。

有効成分に日本の製薬会社であるアステラス製薬によって開発されたコハク酸ソリフェナシンを含有しているのも人気の理由の1つです。

フェノパス(ソリフェナシン)5mg




フェノパス(ソリフェナシン)10mg


フェノパス(ソリフェナシン)10mg


フェノパス10mgは、過活動膀胱(Overactive bladder;OAB)治療薬です。

服用することで過活動膀胱によって引き起こされる様々な尿トラブルを解消することができます。

過活動膀胱は、社会の高齢化に伴いQOL(生活の質)に影響する疾患として最近よくクローズアップされています。

過活動膀胱は、過剰な膀胱の収縮により尿意切迫感、頻尿および切迫性尿失禁が起こる疾患であり、患者自身の生活の質を著しく低下させるだけでなく、その周りの家族や介護者などにまで負担を強いる疾患です。

現在の日本では、過活動膀胱は810万人[40歳以上人口の12.4%(8人に1人)]もの患者がいると推定されています。

1日1回フェノパス10mgを服用することで、膀胱の過剰な収縮を抑制し過活動膀胱を治療します。

それによって膀胱に大量の尿を溜めることができ、尿漏れや急激な尿意を改善することができます。

フェノパス(ソリフェナシン)10mg

フェノパス(ソリフェナシン)10mg


フェノパス(ソリフェナシン)10mg


フェノパス(ソリフェナシン)10mg


フェノパス10mgは、過活動膀胱(Overactive bladder;OAB)治療薬です。

服用することで過活動膀胱によって引き起こされる様々な尿トラブルを解消することができます。

過活動膀胱は、社会の高齢化に伴いQOL(生活の質)に影響する疾患として最近よくクローズアップされています。

過活動膀胱は、過剰な膀胱の収縮により尿意切迫感、頻尿および切迫性尿失禁が起こる疾患であり、患者自身の生活の質を著しく低下させるだけでなく、その周りの家族や介護者などにまで負担を強いる疾患です。

現在の日本では、過活動膀胱は810万人[40歳以上人口の12.4%(8人に1人)]もの患者がいると推定されています。

1日1回フェノパス10mgを服用することで、膀胱の過剰な収縮を抑制し過活動膀胱を治療します。

それによって膀胱に大量の尿を溜めることができ、尿漏れや急激な尿意を改善することができます。

フェノパス(ソリフェナシン)10mg




フェノパス(ソリフェナシン)5mg


フェノパス(ソリフェナシン)5mg


フェノパス5mgは、過活動膀胱(Overactive bladder;OAB)治療薬です。

1日1錠服用することで膀胱の過剰な収縮をブロックすることができるので、尿の切れが悪い、頻繁にトイレに行きたくなるなどの諸症状を改善してくれます。

フェノパス5mgは、インドの有名な製薬会社であるSAVA (サバ)社によって製造・販売されています。

SAVA (サバ)社は2003年に設立された比較的新しい企業ですが、数多くの高品質な医薬品を製造・販売しています。

フェノパス5mgも、安価でありながら優れた治療効果を得ることができるので人気のお薬となっています。

有効成分に日本の製薬会社であるアステラス製薬によって開発されたコハク酸ソリフェナシンを含有しているのも人気の理由の1つです。

フェノパス(ソリフェナシン)5mg

ヒンプラシア


ヒンプラシア


ヒンプラシア


ヒマラヤ社は「アーユルヴェーダ」と言われる伝統的なインド医学に基づいて様々なサプリメントを販売している会社です。

アーユルヴェーダとは病気の治療や予防に限らず、健康の維持・増進にも視点を当てている医学なので、WHO(世界保健機構)の認定も受けています。ヒンプラシアもアーユルヴェーダを元に作られたサプリメントの1つで、前立腺肥大症や前立腺肥大症による排尿障害を改善してくれる効果があります。

前立腺肥大症とは40代・50代と中年以降の男性に起こりやすい泌尿器系の疾患で、70代以上の男性の約80%は発症していると言われるほど、男性の多くが悩まされる症状です。しかし、手術などの治療が必要になるのはこのうちの1/4程度で、症状が軽ければ内服治療で済むので、予防と早期治療が大切な病気です。

前立腺は膀胱の下にあり、前立腺の中心を尿道が通っています。男性ホルモンの変化と加齢が前立腺肥大の原因と言われていますが、はっきりとわかっていません。前立腺が肥大すると、前立腺の中央を通っている尿道は圧迫されるため排尿障害が起こってしまいます。

尿の出が悪くなったり、尿の回数が多くなる頻尿になってしまったり、排尿後でもスッキリせず残尿感があるなどの症状があらわれます。さらに症状が悪化すると尿が出なくなり手術が必要になります。

このヒンプラシアというサプリメントに含まれる様々な天然成分によって、肥大してしまった前立腺を縮小させ、尿道への圧迫が改善されることで尿の通りを良くすると言われています。

ヒンプラシア

カテゴリ