FC2ブログ

セロケンXL(コハク酸メトプロロール)100mg


セロケンXL(コハク酸メトプロロール)100mg


セロケンXL(コハク酸メトプロロール)100mg


セロケンXLは高血圧や狭心症、不整脈の改善に用いられる薬剤です。一般名はメトプロロール酒石酸塩です。国内では同様の成分を含む医薬品として、セロケンやロプレソール、メトプロロールのジェネリック医薬品が処方されています。国内のセロケンは20mg、120�rの規格の錠剤です。こちらのセロケンXLは、1錠あたりメトプロロールを100mg含む国内には無い規格であるためご注意ください。

セロケンXLはβ遮断薬というグループの薬剤です。血圧が上がったり、狭心症の症状が引き起こされる原因に1つには、心臓が過剰に活動しすぎてしまっている事があります。心臓を動かす筋肉である心筋に供給される酸素以上に、心臓の活動によって心筋で酸素が消費される事で、心筋に酸素不足がおこり狭心症の症状が引き起こされます。また心臓が過剰に活動し、心拍数や心拍出量(心臓が送りだす血液の量)が増加する事で、心臓はより強い圧力で血液を全身に送りださなくてはいけなくなり、血圧が上昇します。セロケンXLは心臓の過剰な活動を抑える作用を持つ薬剤です。心臓の過剰な活動を抑える事で、心臓や心筋の負担を減らし、高血圧や狭心症、不整脈の症状を改善します。

セロケンXL(コハク酸メトプロロール)100mg

スポンサーサイト

スーパーメット(コハク酸メトプロロールXL)25mg


スーパーメット(コハク酸メトプロロールXL)25mg


スーパーメット(コハク酸メトプロロールXL)25mg


スーパーメットは高血圧や狭心症、不整脈の改善に用いられる薬剤です。一般名はメトプロロール酒石酸塩です。国内では同様の成分を含む医薬品として、セロケンやロプレソール、メトプロロールのジェネリック医薬品が処方されています。国内のコハク酸メトプロロールを含む医薬品は一般的に20mgや120�rが規格の錠剤です。

スーパーメットはβ遮断薬というグループの薬剤です。血圧が上がったり、狭心症の症状が引き起こされる原因に1つには、心臓が過剰に活動しすぎてしまっている事があります。心臓を動かす筋肉である心筋に供給される酸素以上に、心臓の活動によって心筋で酸素が消費される事で、心筋に酸素不足がおこり狭心症の症状が引き起こされます。また心臓が過剰に活動し、心拍数や心拍出量(心臓が送りだす血液の量)が増加する事で、心臓はより強い圧力で血液を全身に送りださなくてはいけなくなり、血圧が上昇します。スーパーメットは心臓の過剰な活動を抑える作用を持つ薬剤です。心臓の過剰な活動を抑える事で、心臓や心筋の負担を減らし、高血圧や狭心症、不整脈の症状を改善します。

スーパーメット(コハク酸メトプロロールXL)25mg

メトラール(酒石酸メトプロロール)25mg


メトラール(酒石酸メトプロロール)25mg

メトラール(酒石酸メトプロロール)25mg

高血圧、狭心症、心筋梗塞の治療だけではなく、心筋梗塞や心臓発作の予防、心臓梗塞後に起こる心臓合併症リスクの低減などにも使用されます。
片頭痛の予防目的にも使用され、副作用も軽度です。
メトラールは、高血圧、狭心症、心筋梗塞の治療をはじめ、心筋梗塞や心臓発作の予防、心臓梗塞後に起こる心臓合併症リスクの低減などに使用される薬です。 また片頭痛の予防目的で使用されることもあります。

メトラールの有効成分である酒石酸塩メトプロロールは、心臓に多く存在する交感神経β1の受容体に選択的に作用します。β受容体は心臓収縮回数を増加させたり、血液の量を増やすなどの作用があります。さらにβ受容体のうち、β1受容体は心臓への刺激に関わっています。 このβ1受容体による心筋の収縮を、酒石酸塩メトプロロールがβ1受容体と結合することで抑制し、血圧調節に関連する酵素であるレニンの生産・分泌を抑えるよう働くと考えられています。 それにより、心筋が弛緩して心拍出量が低下し、末梢血管抵抗や酸素需要量が減少することで、降圧効果や抗狭心症、抗不整脈効果を示すといわれています。

また、酒石酸塩メトプロロールは海外では片頭痛の予防薬としても使用されています。酒石酸塩メトプロロールの臨床試験では、片頭痛発作が約44%減少し、副作用も軽度であるとの結果が出ています。

メトラール(酒石酸メトプロロール)25mg

べロックゾック(コハク酸メトプロロール)100mg


べロックゾック(コハク酸メトプロロール)100mg

べロックゾック(コハク酸メトプロロール)100mg


べロックゾックは高血圧や狭心症、不整脈の改善に用いられる薬剤です。一般名はメトプロロール酒石酸塩です。国内では同様の成分を含む医薬品として、セロケンやロプレソール、メトプロロールのジェネリック医薬品が処方されています。国内のコハク酸メトプロロールを含む医薬品は一般的に20mgや120�rが規格の錠剤です。こちらのべロックゾックは、1錠あたりメトプロロールを100mg含む国内には無い規格であるためご注意ください。

べロックゾックはβ遮断薬というグループの薬剤です。血圧が上がったり、狭心症の症状が引き起こされる原因に1つには、心臓が過剰に活動しすぎてしまっている事があります。心臓を動かす筋肉である心筋に供給される酸素以上に、心臓の活動によって心筋で酸素が消費される事で、心筋に酸素不足がおこり狭心症の症状が引き起こされます。また心臓が過剰に活動し、心拍数や心拍出量(心臓が送りだす血液の量)が増加する事で、心臓はより強い圧力で血液を全身に送りださなくてはいけなくなり、血圧が上昇します。べロックゾックは心臓の過剰な活動を抑える作用を持つ薬剤です。心臓の過剰な活動を抑える事で、心臓や心筋の負担を減らし、高血圧や狭心症、不整脈の症状を改善します。

べロックゾック(コハク酸メトプロロール)100mg

メトラール(酒石酸メトプロロール)50mg


メトラール(酒石酸メトプロロール)50mg

メトラール(酒石酸メトプロロール)50mg


高血圧、狭心症、心筋梗塞の治療だけではなく、心筋梗塞や心臓発作の予防、心臓梗塞後に起こる心臓合併症リスクの低減などにも使用されます。
片頭痛の予防目的にも使用され、副作用も軽度です。
メトラールは、高血圧、狭心症、心筋梗塞の治療をはじめ、心筋梗塞や心臓発作の予防、心臓梗塞後に起こる心臓合併症リスクの低減などに使用される薬です。 また片頭痛の予防目的で使用されることもあります。

メトラールの有効成分である酒石酸塩メトプロロールは、心臓に多く存在する交感神経β1の受容体に選択的に作用します。β受容体は心臓収縮回数を増加させたり、血液の量を増やすなどの作用があります。さらにβ受容体のうち、β1受容体は心臓への刺激に関わっています。 このβ1受容体による心筋の収縮を、酒石酸塩メトプロロールがβ1受容体と結合することで抑制し、血圧調節に関連する酵素であるレニンの生産・分泌を抑えるよう働くと考えられています。 それにより、心筋が弛緩して心拍出量が低下し、末梢血管抵抗や酸素需要量が減少することで、降圧効果や抗狭心症、抗不整脈効果を示すといわれています。

また、酒石酸塩メトプロロールは海外では片頭痛の予防薬としても使用されています。酒石酸塩メトプロロールの臨床試験では、片頭痛発作が約44%減少し、副作用も軽度であるとの結果が出ています。

メトラール(酒石酸メトプロロール)50mg

カテゴリ