FC2ブログ

プラビックス28錠


プラビックス28錠


プラビックス28錠


プラビックス75mgは抗血小板剤に属するお薬で、血小板の働きを抑えることにより血液を固まりにくくし、血栓症、および塞栓症を防ぎます。 主に動脈硬化性疾患(脳梗塞症、心筋梗塞、末梢動脈硬化性疾患)、急性冠症候群(不安定狭心症、非ST上昇心筋梗塞)、ST上昇心筋梗塞予防の目的で服用します。血行を良くし、心臓、脳、身体への血液の循環を活発にします。

プラビックスは心臓麻痺、脳卒中、血栓、動脈硬化、狭心症等の危険性を減少させます。フィブリノゲンは血液の凝固に必要な物質です。プラビックス75mgはフィブリノゲンが受容される特定の部分をブロックし、血液の凝固を減少させます。

また、プラビックス75mgの有効成分である硫酸クロピドグレルは、損傷した血管内壁に付着して、血液や血漿中に存在する様々な物質によって活性化させられた血小板から放出されるアデノシン2リン酸(ADP)と結合する受容体を遮断します。

プラビックス75mgの主成分である硫酸クロピドグレルは、これまで抗血小板剤として広く使用されてきた他の成分と同等の効果をもちながら、副作用が少なく安全性に優れているとされています。

プラビックス28錠

スポンサーサイト



バスタレル(塩酸トリメタジジン)35mg


バスタレル(塩酸トリメタジジン)35mg


バスタレル(塩酸トリメタジジン)35mg


虚血性心疾患は、冠動脈の血管が血栓などにより狭まったり、ひどい時には閉塞してしまうことで心筋に十分な酸素や栄養が行き渡らず、心臓が障害を起こす病気の総称です。虚血性心疾患には、狭心症や心筋梗塞といった心疾患が含まれます。

血栓には様々な種類(血液の凝集塊、コレステロールやその他脂肪物質など)があり、病気を根治させる薬はありませんが、冠動脈を拡張したり、心臓の働きを抑えることで症状の緩和は可能です。本剤は、主に冠動脈を広げることで虚血性心疾患の症状を緩和する薬です。

バスタレル(塩酸トリメタジジン)35mg

イバビッド(イバブラジン)5mg


イバビッド(イバブラジン)5mg

イバビッド(イバブラジン)5mg


イバビッド5mgは、慢性心不全の治療薬です。

先発品Corlanorのジェネリック医薬品として製造・販売されています。

有効成分イバブラジンは、日本でも現在承認申請中の新薬であり、新しい機序で慢性心不全を治療することができます。

2018年12月27日に小野薬品工業株式会社(本社:大阪市中央区、代表取締役社長:相良暁)が「洞調律下での安静時心拍数が75回/分以上の慢性心不全」の効能・効果で国内製造販売承認申請を行っています。

日本ではまだ承認されていませんが、世界中では多くの患者に使用されています。

イバビッド5mgは、有名な製薬企業であるAbbott(アボット)社によって製造・販売されています。

アボットの本社はアメリカ・イリノイ州シカゴ郊外にあるアボットパークにあります。

海外の様々な国や地域にも拠点を置き、日本にもアボットジャパン株式会社として存在しており、多くの医薬品を日本で製造・販売しています。

イバビッド5mgも、そんなアボット社が製造する医薬品の1つであり、強力な治療効果を得ることができます。

イバビッド5mgは心不全の治療に用いられます。

心不全とは、なんらかの心臓機能障害が生じて心ポンプ機能の代償機転が破綻した結果、呼吸困難・倦怠感や浮腫が出現し、それに伴い運動耐容能が低下する臨床症候群と定義されています。

慢性心不全は、心不全の状態が慢性的に続くものであり、国内での慢性心不全の患者数は2020年には120万人に達すると推計されています。

慢性心不全の患者さんでは、心臓が十分な血液量を拍出できないことを補うために心拍数が高くなる傾向にあり、それが長期にわたり継続すると心臓にさらに負担がかかります。

また、高い心拍数は慢性心不全患者の予後に悪影響を及ぼすと考えられています。

イバブラジンは、既存の慢性心不全治療薬を服用しても心拍数が高い患者さんに対して、新たな治療選択肢の1つとなることが期待されます。

イバビッド(イバブラジン)5mg

ニカルジア(ニフェジピン)20mg


ニカルジア(ニフェジピン)20mg


ニカルジア(ニフェジピン)20mg


ニカルジアはカルシウム拮抗作用を持つ二フェジピンを有効成分とした、高血圧治療薬です。慢性安定狭心症などの狭心症の発症の予防効果もあります。ニカルジアの有効成分である二フェピジンは、カルシウムチャンネル遮断を持つカルシウム拮抗薬で、心臓と血管に直接作用します。筋肉収縮に不可欠なカルシウムは、筋小胞体と呼ばれる筋肉細胞の滑面に存在する小胞体に貯蔵されています。 筋収縮時に、筋繊維の細胞内にカルシウムチャンネルという細胞膜状のゲートを経由し、筋小胞体に貯蔵されていたカルシウムが取り込まれます。 取り込まれたカルシウムは、細胞内のカルシウム結合タンパクと結合し、筋肉の収縮に作用します。有効成分二フェジピンはカルシウムチャンネルに結合し、カルシウムチャンネルを開けなくすることで、カルシウムイオンの移動を遮断します。 これにより、血管平滑筋が弛緩し、血管が拡張します。 血管の拡張によって、血液が循環する際に血管にかかる圧力が低下し、血圧が降下します。さらに、この血管拡張作用が冠状動脈で作用した際は、心臓への血液と酸素の供給が改善されることから、狭心症(特に狭心症発作)の予防薬としての作用もあるとされています。

日本では高血圧症であるとされている人は約3,000万人と言われています。 つまり4人に1人が高血圧症ということになり、50歳以上の人においては、2人に1人が高血圧症であると言われています。長期に及ぶ高血圧症は、心肥大や動脈硬化を引き起こし、さらには脳卒中、心臓病、腎臓病などの合併症を引き起こすことになります。 このように、高血圧症は無症候のまま病状を進行し、命に関わるような合併症を引き起こすことから、『サイレントキラー』と言われています。狭心症は、心臓の筋肉の動脈である環状動脈が狭まり、心筋が一時的に虚血状態になることで発症し、胸痛や胸部圧迫感などの症状があらわれます。 冠状動脈の狭窄が原因であり、高血圧症による動脈硬化が原因としてあげられ、高血圧症による合併症の一つとして考えられています。

ニカルジア(ニフェジピン)20mg

ニカルジア(ニフェジピン)10mg


ニカルジア(ニフェジピン)10mg


ニカルジア(ニフェジピン)10mg


ニカルジアはカルシウム拮抗作用を持つ二フェジピンを有効成分とした、高血圧治療薬です。慢性安定狭心症などの狭心症の発症の予防効果もあります。ニカルジアの有効成分である二フェピジンは、カルシウムチャンネル遮断を持つカルシウム拮抗薬で、心臓と血管に直接作用します。筋肉収縮に不可欠なカルシウムは、筋小胞体と呼ばれる筋肉細胞の滑面に存在する小胞体に貯蔵されています。 筋収縮時に、筋繊維の細胞内にカルシウムチャンネルという細胞膜状のゲートを経由し、筋小胞体に貯蔵されていたカルシウムが取り込まれます。 取り込まれたカルシウムは、細胞内のカルシウム結合タンパクと結合し、筋肉の収縮に作用します。有効成分二フェジピンはカルシウムチャンネルに結合し、カルシウムチャンネルを開けなくすることで、カルシウムイオンの移動を遮断します。 これにより、血管平滑筋が弛緩し、血管が拡張します。 血管の拡張によって、血液が循環する際に血管にかかる圧力が低下し、血圧が降下します。さらに、この血管拡張作用が冠状動脈で作用した際は、心臓への血液と酸素の供給が改善されることから、狭心症(特に狭心症発作)の予防薬としての作用もあるとされています。

日本では高血圧症であるとされている人は約3,000万人と言われています。 つまり4人に1人が高血圧症ということになり、50歳以上の人においては、2人に1人が高血圧症であると言われています。長期に及ぶ高血圧症は、心肥大や動脈硬化を引き起こし、さらには脳卒中、心臓病、腎臓病などの合併症を引き起こすことになります。 このように、高血圧症は無症候のまま病状を進行し、命に関わるような合併症を引き起こすことから、『サイレントキラー』と言われています。狭心症は、心臓の筋肉の動脈である環状動脈が狭まり、心筋が一時的に虚血状態になることで発症し、胸痛や胸部圧迫感などの症状があらわれます。 冠状動脈の狭窄が原因であり、高血圧症による動脈硬化が原因としてあげられ、高血圧症による合併症の一つとして考えられています。

ニカルジア(ニフェジピン)10mg

カテゴリ