FC2ブログ

ノリディ


ノリディ

ノリディ


ノリディは卵胞ホルモンのエストロゲンを含有しない経口避妊薬です。一般的に「ミニピル」と呼ばれております。

「Progestogen-Only Pill」のため、海外では略してPOP(ポップ)とも呼ばれます。

世界的な超大手製薬ファイザーが製造販売しており、日本では流通しておりませんが海外では多くの国で使用されております。

日本で認可されている経口避妊薬は低用量ピルと呼ばれるもので、卵胞ホルモンのエストロゲンと黄体ホルモンのプロゲステロンを少量配合しております。

ノリディなどのミニピルは、黄体ホルモンのプロゲステロンのみを含有した経口避妊薬です。

低用量ピルのような女性ホルモン配合剤には「血栓症」という重大な副作用の発症リスクがあるため、35歳以上・喫煙者・肥満など血栓症の発症リスクが高い方々には懸念される薬剤です。これは、エストロゲンに血栓症を誘発する作用があるためです。

ノリディにはエストロゲンが含まれていないため、血栓症の発症リスクが高い方々も問題なく服用できて安全性が高いことが特徴です。また、授乳中も服用可能です。

ノリディなどのミニピルは日本ではまだ認可されておりませんが、海外では大人気の経口避妊薬です。

ノリディの避妊効果の作用機序は低用量ピルと同様です。

子宮頚管粘液の粘度を増加させ、精子が到達するのを阻害する作用・子宮内膜の質を変えて着床を妨げる作用・排卵を抑制する作用です。また、月経困難症・PMS(月経前症候群)・更年期障害による症状改善にも有効です。

ノリディ服用中は生理が軽くなります。ただし、毎日欠かさず決まった時刻に必ず服用しなければならない・不正出血が現れることがある・避妊効果は高いが低用量ピルの方がより高いというデメリットもあります。

ご自身の体調・生活スタイル・性格に合ったピルを選択しましょう。

ノリディ

スポンサーサイト



ノアルテンジェネリック(プリモルトN)


ノアルテンジェネリック(プリモルトN)

ノアルテンジェネリック(プリモルトN)


プリモルトNは女性ホルモンの黄体ホルモン(プロゲステロン)を補充する黄体ホルモン製剤です。日本を含め世界中で使用されている黄体ホルモン製剤「ノアルテン」のジェネリック医薬品であり、インドの大手製薬Zydus Healthcareが製造販売しております。

女性ホルモンには2種類あります。ひとつは卵胞ホルモンのエストロゲン、もう一つは黄体ホルモンのプロゲステロンです。どちらも非常に重要なホルモンで、エストロゲンとプロゲステロンのホルモンバランスによって女性の体調は大きく変化します。

エストロゲンは正常な月経周期や排卵の維持、子宮・性器・乳房の発育、脳・骨・筋肉・関節・胃腸・肌の機能などに大きく関与する女性ホルモンです。

一方プロゲステロンは排卵後に多く分泌されるホルモンで、子宮内膜を充実させ受精卵が着床しやすい状態にして妊娠の成立・維持をサポートする役割を担う女性ホルモンです。体温を上昇する作用があるため、排卵後のこの期間は「高温期(黄体期)」と呼ばれます。

プロゲステロンが不足して女性ホルモンのバランスが大きく崩れると、月経不順・月経異常・無月経・機能性子宮出血・不妊症・切迫早流産・習慣性早流産・更年期障害などの症状が引き起こされてしまいます。

プリモルトNの有効成分ノルエチステロンは合成プロゲステロンです。作用が強力で、体内で不足したプロゲステロンをしっかり補充することができます。

主な治療例を以下に記します。

<生理不順・無月経の場合>
プリモルトNを一定期間服用し、子宮内膜を充実・維持させます。その後服用を中止し、生理(出血)を起こさせることで生理のリズムを取り戻します。また、生理日の調整にも応用されます。

<月経困難症>
プリモルトNを継続的に服用することで月経困難症の原因となる排卵が抑制され、子宮内膜が薄くなり生理が軽くなります。月経困難症に対する治療有効率は100%というデータがあります。

<機能性子宮出血>
子宮内膜を維持して剥がれにくくすることで出血を抑えます。

<不妊症>
黄体機能不全による不妊症の改善に有効です。排卵を確認して高温期にプリモルトNを服用することで、受精卵の着床をサポートします。(弱い男性ホルモン作用があるため、妊娠成立後の妊娠維持目的にはあまり向いておりません。)

ノアルテンジェネリック(プリモルトN)

イブケアシロップ(月経困難症)


イブケアシロップ(月経困難症)

イブケアシロップ(月経困難症)


【ヒマラヤ】イブケアシロップ(月経困難症)は、インドの伝統医学であるアーユルヴェーダに基づいて製造・開発された女性ホルモンのバランスを整えるお薬です。

1930年に創業が開始された100年近い歴史をもつ老舗のサプリメントメーカーであるHimalaya(ヒマラヤ)社によって製造・販売がされています。

ヒマラヤ社はインドの歴史ある伝統医学アーユルヴェーダに基づいた製品を多く開発し、世界中に発信している製薬メーカーです。

インドの伝統医学であるアーユルヴェーダに基づいた生薬を大量に使用し、100%天然成分のみで構成されているのにもかかわらず強力な効果が得られるといわれています。

服用することで女性ホルモンのバランスを整え、月経前のイライラや不安感、眠気などの月経前症候群(premenstrual syndrome : PMS)を改善してくれます。

イブケアシロップ(月経困難症)

【ヒマラヤ】イブケア(月経前症候群)


【ヒマラヤ】イブケア(月経前症候群)

【ヒマラヤ】イブケア(月経前症候群)


イブケアは、インドの有名なサプリメントメーカーであるヒマラヤ社によって製造・販売されているサプリメントです。インドの伝統的な医学であるアーユルヴェーダに基づいて製造され、天然成分のみで構成されています。天然成分のみで製造されているため安全性が高く、それにもかかわらず効果が強力です。

1カプセル中に女性ホルモンのバランスを整える生薬を多数配合し、1日2回服用することで、月経前症候群(PMS)や月経困難症、月経不順を改善することができます。有効成分はすべて天然成分でありながら女性ホルモンに働きかける作用が強く、一部の生薬は医薬品や健康食品としても利用されています。

イブケアが治療効果をあらわす月経前症候群(PMS)とは、日本産婦人科学会によると月経前の3~10日の間続く精神的あるいは身体的症状で、月経開始とともに軽快ないし消失するものをいいます。プレ・メンストラル・シンドロームの略称でPMSです。

主な症状として、頭痛、頭重感、眠気、精神的不安定(イライラ等)、集中力の低下、胸の張り、下腹部の痛み、便秘、腰痛、むくみ等です。

原因は、排卵から月経までの期間に女性ホルモンであるエストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲストロン(黄体ホルモン)の分泌が急激に低下したりバランスが崩れたりすることで起こるといわれています。女性ホルモンの分泌は、ストレスや生活習慣によっても分泌量が変化するため、仕事や学校、私生活で強いストレスを感じると月経前症候群が起こりやすいです。

もう1つのイブケアの治療ターゲットである月経困難症は、月経に伴って起こる下腹部痛や腰痛、腹部膨満感、嘔気、頭痛、食欲不振、憂鬱等の様々な症状の総称です。多くの女性の悩みでもある生理痛(月経痛)も月経困難症の1つです。

子宮内膜症や子宮筋腫、子宮腺筋症等の明らかな疾患がある場合はその原因となる疾患を治療すればよくなりますが、ほとんどの女性は原因となる疾患もなく月経困難症を起こしてしまいます。原因の疾患がないため具体的な解決方法がなく、痛み止めなどを服用して我慢するしかないのが現状でした。

しかし、イブケアは様々な生薬を配合し女性ホルモンのバランスを整えて月経のリズムや量を適正化しつつ、月経痛などの痛みを緩和することもできるため、PMSや月経困難症による諸症状を解決することができます。

注意点として、イブケアはサプリメントであり医薬品ではないので即効性がないということです。服用して速やかに治療効果をあらわしたりはしないため、根気よくイブケアを服用し症状が改善するか様子を見るようにしてください。

【ヒマラヤ】イブケア(月経前症候群)

マイクロジノン21


マイクロジノン21

マイクロジノン21

マイクロジノン21は、ドイツの有名な製薬メーカーであるバイエル社が開発した経口避妊薬です。

有効成分として、女性ホルモンである黄体ホルモン(レボノルゲストレル)と卵胞ホルモン(エチニルエストラジオール)を含有しています。とくに黄体ホルモンのレボノルゲストレルは、WHO(世界保健機関)からも避妊効果が強く安全性が高いということを認められ、多くの避妊薬に含有しています。

1日1錠を21日間連続して服用することで強力に排卵を抑制し、妊娠を予防することができます。さらに、子宮の状態を調整して精子が子宮内に侵入するのを阻害する効果と、受精卵が着床するのを阻害する効果もあり、妊娠を予防することができます。

マイクロジノン21は、妊娠防止する効果だけでなく継続して服用することで体内のホルモンバランスを整える効果もあります。ホルモンバランスが崩れて生理の周期が乱れていると、情緒が不安定になったり、肌荒れ等身体にも不調が出てきます。

マイクロジノン21の2つの女性ホルモンがホルモンのバランスを改善し、生理周期を正常化することで、生理前のイライラや情緒不安定な状態になるPMS(月経前症候群)や生理痛を軽減することがでいきます。

マイクロジノン21を服用することで、女性の気になる多くのトラブルを解決することができるのです。

有効成分のレボノルゲストレルは、WHO(世界保健機関)から避妊効果と安全性に優れていることを認められています。現在市場に流通する数多くの避妊ピルにはレボノルゲストレルが配合されています。また卵胞ホルモンと呼ばれるエチニルエストラジオールも、避妊効果に大切な役割を果たしています。経口タイプの避妊薬の副作用の多くは、この卵胞ホルモンに関係しているといわれています。

実は、経口避妊薬の研究開発は、いかに卵胞ホルモンの配合量を少なくするか、という課題と向き合い続けて行きた歴史そのものであるといっても過言ではありません。マイクロジノン21は、卵胞ホルモンであるエチニルエストラジオールを0.03mgという超低用量配合で製薬されており、副作用のリスクが小さいことが最大の特徴です。超低用量ピルとも呼ばれています。

また当然ですが注意点として、経口避妊薬は妊娠を予防するためのもので、性病を防ぐ効果はないということです。ほとんどの経口避妊薬にも、HIV感染(エイズ)および他の性感染症(例えば梅毒、性器ヘルペス、淋病、クラミジア感染症、尖圭コンジローマ、膣トリコモナス症、B型肝炎等)を防止するものではないと注意喚起がされています。

これらの感染防止には、コンドームを使用するようにしてください。

マイクロジノン21

カテゴリ