FC2ブログ

アミトリプチリン50mg


アミトリプチリン50mg

アミトリプチリン50mg

脳の中には情報を伝達する物質の意欲に関わる「ノルアドレナリン」と、気持ちを楽にする「セロトニン」という神経伝達物質があります。しかし、これらの物質が減少すると、やる気が起こない、気分が晴れない、といった心の症状や、眠れない、食べられないといった身体の症状があらわれる、うつ病・うつ状態を引き起こすとされています。

アミトリプチリンには、ノルアドレナリンやセロトニンの再取り込みを阻害する働きによりこれらの物質の量を増加させる働きがあります。ノルアドレナリンやセロトニンの量が増えて神経の働きをよくなると、不安な気持ちが楽になったり、気持ちを落ちついて意欲を高まるので、うつ症状が改善されやすくなります。

一方、アミトリプチリンは、副作用として抗コリン作用による口の渇き、眠気などが起こることがありますが、抗コリン作用により膀胱の収縮がおさえたり、尿もれを防ぐ働きがあります。さらに、気持ちを和らげて睡眠を深くする作用があるので、子どもの遺尿症や夜尿症(おねしょ)の治療にも用いられます。

また、アミトリプチリンは末梢性神経障害性疼痛にも使われます。神経障害性疼痛とは、神経の障害や損傷、変質などから起こる痛みですが、アミトリプチリンは神経への痛みの伝達を抑制する働きがあるので、神経痛や慢性疼痛、頭痛など、様々な痛みの改善にも使われています。

アミトリプチリン50mg

スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

カテゴリ