FC2ブログ

メチメズ(メチマゾール)10mg


メチメズ(メチマゾール)10mg


メチメズ(メチマゾール)10mg


メチメズは、甲状腺機能亢進症の内科療法において第一選択薬とされることが多い、有効成分メチマゾール(チアマゾール)を配合しています。メチマゾールは、ペルオキシターゼによるヨウ化物の酸化だけではなく、チロキシンやトリヨードチロニンに至る反応を阻害することで体内のヨード量を抑えます。それによって甲状腺におけるホルモンの過剰生成を阻害され、その分泌を抑制されます。これによって体内のホルモン量が正常に保たれるようになることから、ホルモンの過剰分泌による様々な症状を改善します。また、血中の甲状腺ホルモン濃度を低下させ、甲状腺の操作の影響を最小にするために、甲状腺手術や放射線ヨード治療の前に使用されることもあります。

甲状腺ホルモンは、エネルギー代謝や循環、内分泌機能、生殖などを調節するホルモンで、喉元にある甲状腺と呼ばれる器官から分泌されます。正常な状態では、甲状腺刺激ホルモンの作用によって適度な分泌量になるようにコントロールされますが、ホルモンが過剰に分泌されると、全身の新陳代謝が異常に高まり、頻脈、多食や体重減少、発汗、イライラ、動悸、不整脈など、アドレナリンが過剰に分泌された場合と似たような症状が現われます。これが甲状腺機能亢進症です。そのほかにも、首のはれを特徴的な症状として、眼球突出、集中力低下、精神不安定、不眠や、女性の場合は月経異常などが現れることもあります。

メチメズ(メチマゾール)10mg

スポンサーサイト



コメント

KEYWORDS:
非公開コメント

カテゴリ